サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週の一言 (2014年7月27日)

 「効果が現われるには、時間がかかる」

数日前に関東も梅雨明け宣言が出されました。
途端に30数度という猛暑となり、連日続いていますが、
実は一日の日照時間は、1ヶ月程前からピークを過ぎ、
毎日縮まっているのです。

しかし、気温はこれからピークが続きます。
実際の日照時間と寒暖の関係は、一緒ではなく、
その結果は、少し遅れて現われて来ています。

このことは、私達の仕事に置き換えても、
今の業績は過去の努力の結果が出ているのであって、
今の頑張りの結果ではありません。
今日の努力の成果は、数ヶ月から1年を
経過しないと現われては来ません。

今の成績が良いと、ほっとして気を許してしまいがちですが、
それは数ヶ月後に、厳しい結果をもたらすことになります。
逆に今の状況が悪くとも、それは過去の結果であるので、
今の頑張りを続ければ、きっと良い結果が未来に訪れます。

未来を作るのは、今現われている結果ではなく、
今日只今の頑張りだと言うことを肝に銘じたいものです。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-07-27 18:53 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2014年7月21日)

 「苦労を継続できる理由」

致知の雑誌に登場する一流人物のインタビュー記事を
読んで感じることは、ほとんど例外なく、どの人も
大変な苦労をしてきて今があるということです。
ともすると、私達はつい楽な方向に行きたくなるものですが、
楽な方向は、決して良い結果をもたらしてはくれません。
このことは、実は頭では分かっていながら、多くの人が
苦労から逃げているのが現実でありましょう。
しかしながら、そのまま怠惰な方へ流されていったのでは、
人生を無意味に終わらせてしまうことになりかねません。

そうは言っても、この苦労が辛いだけのものであれば、
幾ら強靱な意志の持ち主であっても途中で挫けて
しまうかも知れません。苦労を続けられた人達には、
それぞれに継続できた理由があったのだと思います。
それを私なりに考えてみました。

一つは、その苦労をしなければ生きていけない状況であったこと、
逃げることは死を意味することと同じであった。
二つ目は、その苦労が必ず素晴らしい将来を作ってくれるという、
希望に満ちた未来の姿を思い描いていた。
三つ目は、自分の苦労が世のため、人のためになっている、
社会的に意義のあることをしているのだという信念があった。
四つ目は、周りから感じるほど本人は苦労をしているという
意識はなく、苦労の中に楽しみを見つけていた。

他にも理由は様々あるかも知れませんが、
私は以上のように感じています。
怠け心と葛藤が起ったときには、思い出してみて下さい。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-07-21 11:48 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2014年7月13日)

 「一人のミスが命取りになる」

人間の身体には幾つもの臓器がありますが、
一つの臓器でも酷く冒されるしまうと、
他の臓器はいくら元気に働いていても、
一つの臓器の欠陥のために、
死に至ることにもなりかねません。

これと同じことが私達の仕事でも起っていないでしょうか。
素晴らしい企画提案から受注に至り、型作りからサンプル作成、
本生産と順調に進み、そして期日通りに中国自社工場から出荷され
本社物流倉庫に入荷されました。本社作業場での最終検品を終え、
さあ、出荷となったところで、一人の物流担当者が出荷先を
間違えて発送してしまったのです。そのために、その商品が
お客様のイベントに間に合わない事態になってしまいました。

これは仮説ですが、誤出荷という只一人の作業ミスのために、
どんなに素晴らしく、その案件に何人もの人が関わって頑張って
きたとしても、たった一人の作業ミスのために、
評価はゼロどころかマイナスになってしまいます。

私達の仕事が、1人+1人+1人・・・・・= の足し算であれば、
一人分の成果がゼロになるだけで済みますが、そうではなく、
私達の仕事は、1人×1人×1人・・・・・・・= という掛算で
繋がっている計算式と言えるでしょう。つまり、一人でも
ゼロが出ると掛算ですから、総和はゼロとなってしまうのです。

このことを私達はしっかりと、肝に銘じる必要があります。
そして、一人残らずの全社員の意識が真剣となるときに、
世間からの評価を頂き、会社の存続を許されるのです。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-07-13 19:00 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2014年7月5日)

 「人生でも得失点差が運命を創っていく」

今、サッカーのワールドカップが行われていますが、
リーグ戦で勝ち点が同じ場合には、得失点差により
優劣が決まります。
これは何もサッカーに限らず、人生でも得失点差が運命を変え、
人生での勝ち組、負け組を作っていると思うのです。

では、人生での得失点とは何でしょうか。考えてみましょう。
得点の方は、下記のような言葉が当てはまるのではと思います。
誠実、謙虚、感謝、素直、明朗、快活、勤勉、奉仕、等です。
失点の方は、この反対になりますね。

私達サンワヒューマンは、人生での高得点を上げられるよう
皆で励まし合いながら頑張っていきましょう!

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-07-05 17:31 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
最新のコメント
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism