サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今週の一言


 「会社は、人生の道場」

会社はどんなところと聞かれれば、そこで働いてお金を稼ぐ
ところと答えるかも知れません。勿論生活の糧としての意味も
ありますが、サンワヒューマンには、「人生の道場です」と
答えてもらいたいです。

仏教の教えに、本当の幸福を得るための六つの条件として
六波羅蜜という教えがあります。
布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧の6つをいいますが、
まさに、この教えの全てが会社での仕事の中から
得られると思うのです。会社は自分を鍛錬し成長させてくれる
「道場」と言ってよいと思います。

下記に「やさしい仏教入門」から六波羅蜜の教えについて
引用させてもらいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆布施は、人のために惜しみなく何か善いことをする。
知識や教えなどの法施、明るく優しい顔で接する眼施・顔施
温かい言葉をかける言施、恐怖心を取り除き穏やかな心を与える
無畏施、何かをお手伝いする身施、善い行いをほめる心施、
場所を提供する座施・舍施、などがあります。
施しは、施す者、施しを受ける者、施すもの、
すべてが清らかでなければいけません。
欲張りのない心での行いを施しといいます。
あえて善行として行うとか、返礼を期待してはいけません。
また受ける側もそれ以上を望んだり、くり返されることを
期待してはいけません。

◆持戒は、本分を忘れずにルールを守った生き方で、
人間らしく生活することです。自分勝手に生きるのではなく、
互いに相手のことを考えながら、仲良くゆずりあっていく生活です。

◆忍辱は、悲しいことや辛いことがあっても、
落ち込まないで頑張ることです。物事の本質をしっかりとおさえて、
時には犠牲的精神を持って困難に耐えることです。

◆精進は、まずは最善を尽くして努力すること。
良い結果が得られても、それにおごらず、
さらに向上心を持って継続することです。

◆禅定は、心を落ち着けて動揺しないこと。
どんな場面でも心を平静に保ち、雰囲気に流されないことです。

◆智慧は、真理を見きわめ、真実の認識力を得ること。
人は誰でも生まれながらにして仏様と同様の心を持っています。
欲望が強くなると、単なる知識だけで物事を考えるようになります。
知識ではなく智慧の心を以て考えることです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上ですが、良い仕事をすることは、この六波羅蜜の教えに沿って
行動することと全く同じだと理解できます。
つまり、一所懸命に会社で仕事に打ち込むことから
本当の幸福を得ることができるのでしょう。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-03-30 20:59 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2014年3月23日)

 「良い言葉は真似をし、悪い言葉は反面教師に」

孫の成長を見ていると、勉強になることが沢山あります。
その中でも言葉使いは、親の影響を多く受けることが分かります。
同じことが、会社内でも起こっています。
新入社員が所属するリーダーの話し方に似てくることです。

4月1日には、また今年の新卒新人9名が入社してきます。
リーダーや先輩達は、この人達を立派な社会人としての
言葉使いができるよう、育てていく義務があります。
そのためにも、普段から良い言葉は真似をして取り入れ、
悪い言葉は反面教師にして、使わないよう努力をしていきましょう。

会社の品格や品性は、そこで働く社員が作るものですが、
特に社員の発する言葉には大きな影響力があります。
汚い言葉、品の無い言葉は慎み品格のある会社にしていきましょう。

言葉は言霊といい、大きな力を持っています。
疎かにしてはいけません。一度発せられた言葉は
消えることなく空気中を漂い、いつか自分に戻ってくるそうです。

良くない言葉を使う人が周りに居たからと言って
悲観することはありません。反面教師にすればいいのです。
学びは良いものからばかりではなく、悪いものからもできます。
むしろ悪い環境が人を育ててくれることも多くあります。
どのような環境であれ、自分達がしっかりとしていれば、
多くを学ぶことができるし、成長することができます。

今週からは、全社員で、良い言葉使いができるよう心掛けましょう。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-03-23 09:31 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2014年3月16日)

 「仕事にこそ、人生の充実感がある」

私は娯楽や快楽にふけっている時が幸せとは感じません。
その時は確かに楽しいと思えるかも知れませんが、
その楽しみには、何か後ろめたさを感じるものです。
何故でしょうか。それは自分の魂が本当はどう生きることが
正しいのかを知っているからだと思います。
「胸に手を当てて、よく考えて見なさい」
と言われるのはそのことです。

学生時代であれば、勉強をやり切った時の爽快感がそれです。
私達であれば、仕事をしっかりとやり切った時にこそ
本当の充実感があります。この気持ちは皆一緒のはずです。

しかしながら、楽をしたいという怠惰な一面を持っているのも
人間です。その怠惰な自分を正当化するために、
プライベートな時間を持つことも大切で、バランスの取れた
生き方が良いのだと、まことしやかに言うのです。
若いうちはほとんどの人が、そのように思うものです。

しかし、自分の身体と同じで、大事にしていないと、
晩年にツケが回ってくるように、娯楽や快楽にふけっていると、
人生の後半にツケが回ってくるのです。
この歳になってはっきり言えるのは、
「仕事にこそ、人生の充実感がある」ということです。
プライベートの時間をゼロにしろとは言いませんが、
できるなら、少しでも近づけた方がいいでしょう。
それは、間違いなく良い結果をもたらしてくれます。

私がサンワヒューマンに奨めたいのは、仕事に夢中になることです。
夢中になると、当然、娯楽に費やす時間もなくなります。
好きな娯楽であっても、時間が長く空くとそれほど興味も
沸かなくなるものです。このようになってしまえばしめたものです。
当然、仕事の成果も出るようになり、仕事が楽しくなります。
全ての人生のサイクルが好循環を生むようになってくるのです。

どうぞ皆さん、社長に騙されてみて下さい。
良い人生になること、請け負います。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2014-03-16 18:05 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2014年3月9日)

  「烙印」

「烙印を押す」という言葉がありますが、
悪いやつだと決め付けてしまうようなことをいいます。

私自身も人の評価を決め付けてしまうところがあったと思います。
恐らく多くの人がそうなのではないでしょうか。
しかし、今はその考えは、はっきりと変わりました。
良い方向へ成長変化する人を目の当たりに何人も見てきたからです。

最初に出会ったときと、ほとんど変わらない人が多いのは確かですが、
努力をして大きく変化成長する人がいるのも事実です。
今では、人に良くも悪くも烙印を押して見るようなことがあっては
ならないと反省をしているところです。

そして、人は変われるということを強く思うようになりました。
会社の査定でもそうですが、評価はその時点でのことに
過ぎないのです。
私達は烙印を押して人を見ないようにしましょう。
そして、一人ひとりが少しでも良い方向へ成長して行けるよう
良い環境を作っていきましょう。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-03-09 20:01 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2014年3月1日)

「催促」

「催促」という単語を辞書で引くと、物事を早くするように
促すこと、早く実行するように要求すること、となっています。
一方、「催促がましい」という言葉もある通り、
余り良い響きの言葉ではありません。

しかし、仕事を間違いなくパーフェクトにこなすためには、
この「催促」ができているかどうかは、大変大事な
ことだと思うのです。ミスをよく起す人を観察してみますと、
この「催促」が足りてないように感じます。
また、仕事の進行が遅い人も同じです。

催促をすることは、誰でも快いものではありませんが、
良い仕事をしようと真剣に考えていれば催促をせざる
を得ないと思うのです。依頼主から逆に催促を受けて
しまってから初めて催促をするようでは困るのです。

あなたがAさんとBさんから何か依頼を受けていたとします。
忙しいので伸ばし伸ばしになってしまっていました。
そこに、Aさんから急いで進行して欲しいと催促が来ました。
さあ、あなたはAさんBさんどちらの仕事を先にしますか。
当然、Aさんの仕事に先に取り掛かりますね。

そういうことなのです。良い仕事を成し遂げるためには、
「催促」はどうしても必要なのです。
相手から嫌がられるのでと遠慮などしている場合では
ありません。催促するまで、報告がない相手が悪いのです。

サンワでは、今月の標語になる「仕事の品質ナンバーワン」
を実現するために、遠慮なく催促をしあう風土を作って
いきましょう。そして、催促された人は、真摯に反省をして、
仮にも催促することはあっても、催促されるようなことは
決してないようにしていきましょう。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-03-01 18:15 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
最新のコメント
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism