サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週の一言 (2013年1月26日)

 「仕事は本来終わることはない、見切っているだけ」

仕事というものは本来自分で創って発展させて
いくもので、与えられるものではありません。
勿論、入社当初は仕事のやり方が分かりませんので、
先輩や上司から教えてもらうことになりますが、
ある期間が過ぎたら、任せられた中で改善改革をして
進歩させていかなければ個人も会社も発展はなく、
自分の存在価値もありません。

そうであるにも拘らず、私達は「今日の仕事は終わったから・・・」と
よく言いますが、実は仕事が終わったのではなく、
自分の中で、「今日はここまで」と見切っただけのことです。
仕事が終わるということはないはずです。
もし、本当に終わっているのであれば、その人は
仕事を全く創造していない人で大いに問題があると思います。
すべきことは、考えれば考えるほど山積しているはずです。

だから、この見切りをどこでつけるかが大切で、
勉強に例えれば、あと1ページ頑張る人と、あと2ページ
頑張れる人がいるようなものです。当然、軍配は後者に上がります。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2013-01-26 16:59 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2013年1月20日)

  「分業の意味」

もしも、無人島に一人で漂着したと仮定してみましょう。
生きていくために食料の調達から家作りまで、
すべて一人で考えなくてはなりません。
得意なこともあるでしょうが、どうしたらよいのか
途方にくれることもあるでしょう。

しかし、もしも10人で漂着したのならどうなるでしょうか。
恐らく、各人が得意分野を担当し、協力分業してそれなりの
ものを作り上げると思います。
組織の成り立ちも実はこれと同じことなのです。
会社も社会も分業協力すればよりよいものが出来上がります。

物作りが得意な人、計算が好きな人、体力には自信のある人、
地道な作業が好きな人、気配りの出来る人、接客の得意な人、
外国語が出来る人、チームをまとめるのが好きな人、
様々な人達が、この世の中には存在しています。これはまさに
天の配剤です。各人が自分に与えられた職務に特化して当たれば、
必ずやその道のプロになると思います。
一人一人がバラバラに動くよりも、
チームを組んで、分業することの意味を感じます。
私達サンワヒューマンは、自分の職務に全力投球することで、
一隅を照らし自らの生きがいや、やりがいを見つけていきましょう。
そのことが会社を発展させ、世の中に貢献することに繋がって
いきます。

昨日の方針発表会では、見事にこの分業が発揮され、
素晴らしい式典になったと思います。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2013-01-20 18:57 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2013年1月13日)

「行動を起こしているか」

「AKB48」のプロデュースをしている秋元康さんが
こんなことを言っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「僕はこれまで成功を手にした人にたくさん出会って来ました。
この人達が何が違うのかというと簡単です。
”行動を起こしている”ということです。
実行に移す人は案外少ないんですよ」と。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全くその通りだと思います。
色々と分かっているようなことを言う人は沢山いますし、
発言だけを聞いていると、的を得ていることも多いです。
しかし、その後どうなったのかを見てみると、
口で言うだけで何も実行に移さない人がほとんどです。
そう思っているのなら、自分で改善してみたり、
行動を起こしたらいいのではと思うのですが、残念ながら
そのような人はほとんどいません。
結局のところは只の不平不満を言っているだけのことと
なってしまいます。

実行しない人は、「口だけの人」というレッテルを貼られ、
実行する人は、改革者、創造者、成功者となります。
その結末には天と地の差があります。

サンワは「行動を起こすことのできる人の集まり」に
したいと思いますし、行動を起こすことの出来る人を
サンワヒューマンと呼びたいです。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2013-01-13 15:36 | 社長のつぶやき

今週の一言 (2013年1月5日)

 「生存競争」

「生存競争」という言葉を聞くと、アフリカの草原で
繰り広げられる動物達の食うか食われるかの映像をイメージ
する人も多いと思います。しかし、私達人間もこの
生存競争の真っ只中にいることを忘れてはいないでしょうか。

日本では戦後67年が過ぎました。多くの人が戦争を知らない
世代になり平和ボケしてしまっていますが、実は、人類の歴史も
殺し合いの連続です。
私達の経済界を見ても、熾烈な生存競争を繰り広げているのです。
設立された会社が10年経つと、残っているのは1割です。
先日の「致知」の記事にもありました通り、50年前にある神社の
改修工事に寄進してくれた会社が100社あったそうです。
そのうち今現在でも活動している会社は、
何と1社しかなかったそうです。
これほど厳しい生存競争の中に私達はいるのです。

では、このような「生存競争社会」は果たして
悪い社会なのでしょうか。
そうではないと思うのです。考えてみましょう。
もしも努力をしなくても、みんなが生き残ることのできる
社会であったなら、どうなるでしょうか。
馬鹿らしくて必死で頑張る人はいなくなり、怠け者ばかりに
なってしまい社会が成り立っていかなくなるでしょう。

アフリカの動物達も強いものが生き残ることで、
強い遺伝子を引き継ぎます。
より強い種を作っていこうとしています。
私達ビジネスの世界でも、より努力をした会社が生き残り、
怠惰な会社は倒産していきます。
そうなのです、この「生存競争」は世の中が良くなるためにある
自然の摂理なのです。

私達は、この熾烈な競争から逃げることなく、
この競争に勝つために、力の限りを尽くしていくことが、
実は社会をより良いものにしていくことを知るべきだと思います。
2013年、サンワは、より良い社会の実現のため、
さらに切磋琢磨していきましょう。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2013-01-05 18:22 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism