サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今週の社長からの一言 (2011年10月30日)

 「正しい使命感が、正しい判断を生む」
 
私達は今までに色々な判断に迫られ、それを自分なりに決めて生きて来たと思います。そして、その判断の積み重ねにより今の自分の姿があります。正しい判断ができているかどうかが、その人の人生の結果を良くも悪くもします。それでは正しい判断をしていくためにはどうしたらよいのでしょうか。それは正しい使命感を持つことであると考えています。
私達の会社には「サンワの使命」というものがあります。内容は一言で言うと「仕事を通して社会を良くしていく」ということです。私達がこの使命感に立ち物事を判断していくならば、それはきっと正しい判断に違いありません。ところが、このような使命感を持たない人は往々にして自分にとって損か得か、あるいは有利なのか不利なのかで判断をしてしまいがちです。それは自己都合で判断をしていることですから、上手くいくときもあるかも知れませんが、ほとんどの場合、他人からの支持を得られにくく上手く行かないものです。
正しい使命感からであれば、それは自分の利益のためにではなく社会のためになることかどうかで判断を決めていくので、多くの人の支持を得られやすく長期的に見たときには良い結果になっていきます。
サンワヒューマンは「サンワの使命」の考え方を大事にし、物事の判断をしていって下さい。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2011-10-30 20:59 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2011年10月23日)

皆さん、お疲れ様です。

 「好意は自分から」

3日前の木曜日に中国出張から帰国しました。成田空港からは箱崎までリムジンバスに乗り、箱崎からタクシーで自宅まで帰宅します。箱崎から自宅までのタクシーは近距離のため、長い時間、列に並んで客待ちをしていた運転手さんに取ってみては、私を乗せるのは面白くないことです。その上にトランクや持ち帰りの重い荷物を持っていることが多く、憤満やり切れないところだと思います。
私も乗車するときには一声、「近くてすみませんが」と声を掛けて乗るようにしていますが、あからさまに不満の表情を浮かべる運転手さんもいますが、「いいですよ、気にしないで下さい」と言って下さる運転手さんもいます。このような人には、清算のときに「お釣りは取っておいて下さい」と言って気持ちよく帰宅をするのですが、不満たらたらの運転手さんには、しっかりとお釣り銭を全部貰って、こちらも不機嫌になりながら帰ったものでした。
しかし、最近考えが変わり相手がどうであろうと近距離で迷惑を掛けているのだからと必ずチップを上げるようにしています。話が戻りまして3日前ですが、例により箱崎からタクシー乗り場に行きますと、最近評判の良くない個人タクシーが私の順番でした。悪い予感を感じながらも、いつものように「近くてすみませんが」と言うと案の定、余り面白くない素振りです。さて、自宅に到着し清算です。チップを上乗せして「近くてすみませんでした。取っておいて下さい」と差し出すと、何と態度が一変、満面の笑みで荷物を降ろしてくれ、私の顔をしっかりと見て何回も頭を下げてくれました。お陰様で私も上機嫌で自宅に帰宅することができたのでした。
相手の態度に惑わされず、自分が人にしてあげられることをすれば、ほとんどの人は感謝をしてくれるものです。実は、それが自分に取って一番の喜びになり、幸福感を感じるときです。人生の生き方の極意を学んだ気持ちでした。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2011-10-23 08:21 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2011年10月15日)

 「良い考え方とは」

仕事の成果、人生の結果は、能力×熱意×健康×考え方であると
9月11日の「今週の社長からの一言」で述べましたが、
今回はこのうちの考え方について考察してみたいと思います。
考え方が大事だということは、誰でも理解はできると思います。
では、具体的にはどのような考え方をしたら良いのか。
下記に思い当たる単語を書き記しましたので、参考にして実行して下さい。

良い考え方:前向き、建設的、協調性、
明るい、肯定的、善意、
思いやり、優しい、真面目、
正直、謙虚、努力家、
利他心、知足、感謝、

悪い考え方:後向き、否定的、非協調性、
暗い、悪意、意地悪、
他人を陥れる、不真面目、
嘘つき、傲慢、怠け者、
利己的、強欲、不平不満、
恨む、妬む、

以上です。 


山川和邦
by yamakawa-y | 2011-10-15 17:42

今週の社長からの一言 (2011年10月10日)

 「既成概念と当事者意識」

物流部門にとっては誤出荷しないことが大事な仕事になります。そのため、このミスを無くすべく一旦ピッキングして揃えたものを再度別の人が確認をして出荷するという体制をとっています。所謂ダブルチェックをして発送をしているのです。しかし残念ながら余りその効果がなく誤出荷が起こっていました。そこで、このダブルチェックをやめ、敢えてシングルチェックにしてみるように指示をしましたが、その結果を数日前に聞きました。答えは、なんとシングルチェックの方がミスが少なくなり、当然時間短縮にもなったとの報告です。誰が考えても誤出荷を出さないためには、ダブルチェックの方がいいと考えるのが常識だと思います。しかし、事実は違ったのです。
ここから、私達は2つのことを学ぶことができると思うのです。一つは、既成概念を捨てて、考えてみることも必要ということです。日々改善を考えるなかで、思い込みを捨て一度全てをリセットして考えてみるということです。
もう一つは、何故シングルチェックの方が良かったのかです。やってみて分かったことは、ダブルチェックの場合は、もう一人確認をしてくれる人がいるということで、どうも安易な気持ちでピッキングをしてしまう傾向があったようです。同じように次のチェックをする人も、前の人が見ているので大丈夫だろうと思っているところがあったとのことです。これが一人で全責任を持って作業することになり、今までとは真剣さが違ったとのことです。強い当事者意識が出てきたのです。
例えば、店先にゴミが落ちていたとします。そこの店主なら気が付いたならすぐに拾うでしょう。拾わないような店主であれば、その店は早晩潰れるかも知れません。店員だったらどうでしょうか。拾う店員もいれば、拾わない店員もいると思います。拾わない店員は当事者意識が欠けているのです。自分のこととして捉えていないのです。当事者意識とは、経営者感覚と言ってもいいと思います。
サンワヒューマンには、既成概念に捉われない当事者意識を持った素晴らしい人物に育っていくことを願う次第です。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2011-10-10 16:20 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2011年10月2日)

 「上手くなるには継続と場数」

サンワでは、朝礼当番を社員が順番にすることになっていますが、入社して初めて当番になる人は、誰も最初は緊張して思うようには話せないものです。しかし、それが不思議と1年も経つとそれほどの緊張感もなくどの人も話せるようになります。
よく緊張しないためには、人をカボチャと思う、人の字を手のひらに書いて、それを飲み込む、上手くできたイメージをするとか、色々と言われますが、そんなに上手くいくものではありません。
結局のところ、場数を踏むことしかありません。剣道の竹刀では高段者であっても、本物の刀を持って命のやり取りとなったら話は別なのと一緒です。
また、継続は力なりと言われる通り、一つのことをやり続ければそれなりの域には達することができると思います。
例えば、A君とB君がいました。A君は、小学校1年では野球を、2年ではテニスを、3年ではバスケットを4年ではサッカーを、5年ではバレーを、6年では卓球をしました。一方B君は、1年から6年まで野球だけをやり続けました。こと野球に関しては、間違いなくB君の方が上手くなっていると思います。
私の言う継続とは勉強と訓練を続けることであり、場数とは本番の体験数です。例えば、営業であれば営業の本を毎日読み続け、ロールプレイングで毎日訓練し、誰よりも多くお客様と接して場数を体験することです。このようにすれば、誰でも一流の営業になること間違いありません。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2011-10-02 17:44 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
最新のコメント
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism