サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週の社長からの一言 (2010年9月25日)

 「アメリカ旅行」

ワシントン中国大使館に出向している中国開封市政府の人とアメリカに暮らしている学友の二人に会いに行くため、9月14日~22日の日程で、家内とアメリカに行って来ました。
開封市政府の人には、ワシントンから東へ100キロほど行ったアナポリスという200年前の状態をそのまま残しているという街へ案内をされました。とても風情のある素晴らしい街並みで、既に200年前にアメリカはこのような文化的な生活様式であったのかと思わせてくれるものでした。日本の200年前と比較すると、随分と差があったのだと考えさせられましたが、当時日本では徳川幕府時代で鎖国をしていた時で、それが大きく遅れを取る原因になったのだろうと理解を致しました。当時の日本のように、現在でも鎖国をしているような国がありますが、周りの情報を取り入れないと、間違いなく遅れを取るのは歴史の示している通りです。私達サンワも井の中の蛙にならぬよう、内外にしっかりとアンテナを立て、柔軟に情報を取り入れていかなくてはいけないと感じました。
また、友人のところでは、先方のご夫婦と一緒に、一日ゴルフを楽しみました。その日は、日曜日だったので、ゴルフ場はさぞ混んでいるものと思いきやガラガラなのです。アメリカでは、日曜日には、ほとんどの家庭が教会に行くのだそうです。日本で毎週お寺さんに行って、説教を聞いてくるという話は、残念ながら聞いたことがありません。毎週、キリストの愛の教えを受けてくるわけですから、実はこれがアメリカの大変重要な人間教育になっているのだと納得しました。アメリカでは、人への思いやり、身体障害者などへの配慮が至るところで感じられますし、寄付なども多い国です。日本は、残念ながら戦後、教育勅語などの廃止を含め、道徳的な人間教育が行われなくなりました。それが日本を弱体化させている大きな原因の一つであると私は思っています。その意味では、今サンワが行っている社内木鶏会は月に一度ではありますが、大変意義のあることだと思います。
また、テネシー州ナシュビルからシカゴまで飛行機で飛びましたが、その間、1時間半、窓から山は見えません。ずっと平野が続くのです。中国の広さにも驚かされますが、アメリカの国土もさらに凄いと思います。
今回、これらアメリカの色々なことを見て来て、アメリカの底力の凄さを感じて帰ってきました。腐っても鯛ではありませんが、日本は、決してアメリカを侮るようなことがあってはなりません。日本がこの大国に遅れを取らず、ある面では優っていくためには、やはりイチローのように、コツコツと積み重ねる努力が一番だと感じた次第です。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2010-09-25 17:21 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2010年9月19日)

 「楽な道より、茨の道を」

人は誰でも楽な道の方を行きたいものです。しかし、残念ながら、そちらを選ぶと結果は厳しいものになります。一方、茨の厳しい道を選ぶと、好結果になるものです。世の中、旨くバランスが取れたものだと思うのです。例えば、人とお付き合いをすることを例に挙げれば、楽な同僚や部下とより、気を使わなくてはならない上司と付き合うことです。同じように、相手が気を使ってくれる仕入先とより、こちらが気を使わなくてはならないお客様とお付き合いをした方が良い結果になります。
皆さんは、どちらを選んでいますか。商売も一緒です。大変な仕事にはビジネスチャンスがあります。しかし、楽な仕事は、誰でもやりたがりますから結局は競争に巻き込まれ、儲からないのです。
サンワが設立以来現在まで存続発展できているのは、大変な仕事を選んできたからです。中国自社工場で、小ロット・オーダーメイド生産をするという、大変難しく手間の掛かることをしているからです。
社員の中には、もっと楽な仕事のやり方で業績を上げたいと思う人がいるかもしれませんが、実はそれは悪魔のささやきと同じです。耳を貸してはいけません。旨い儲け話に乗ってはいけないのと同じです。
一方、大変難しく困難を伴うけれど、儲かるチャンスがあるというものには、踏ん張って挑戦していくべきです。
スポーツ選手でも、一流選手は、みな苦しい練習を乗り越えているのです。楽あれば苦あり、苦あれば、楽ありです。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2010-09-19 10:35 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2010年9月12日)

  「賢者は歴史から学び、愚者は体験から学ぶ」

実体験から学ぶことは、重要ですし、一番身にも付きます。しかし、現代のスピード時代についていくには、いちいち体験をしていたのでは、間に合いません。体験してから気付くようでは、もうとき既に遅しです。
題名の歴史から学ぶということは、即ち過去に誰かが既に経験したことを学んで活かすということです。ここに学習の意味があり、本を読むことの大切さが分ります。
体験には、限度がありますが、歴史から学ぶことは、体験することに較べれば、10倍、100倍、学ぶことができます。偉人と言われるような人は、そのほとんどが歴史を良く勉強し、未体験のことを、あたかも体験したかのようにまで自分の中に落としこんでいます。
私達も、この流れの速い現代を生き抜いていくためにも、巡り来るチャンスをものにするためにも、歴史からしっかりと学んでおきたいものです。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2010-09-13 04:29 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2010年9月5日)

 「変えられること、変えられないこと」

世の中には、変えられることと、変えられないことがあります。変えられることに時間を使うことはいいのですが、私達は変えられないことに多くの無駄な時間を費やしてしまってはいないでしょうか。
よく言われるように、過去と他人は、変えられません。その変えられない過去のことを幾ら思ってみたところで、結果は変わりません。例を挙げれば、何か大きな事故が起きてしまった。しかし幾ら嘆き悲しんでみたところでそのこと事態は変わりません。そうであるなら、終わってしまったことに嘆き悲しんだり、愚痴を言ったりすることに時間を費やさないで、早く気持を切り替え、これからの対処に全力で時間を使うべきです。
同じように他人を変えようとしても、皆さんが経験している通り、大変難しいことです。それにも拘わらず、多くの時間を使ってはいないでしょうか。変えられるのは未来と自分です。自分が変わることで未来が変わります。変えられない他人でさえも、自分が変わることで、変えられる可能性が出てきます。この変えられる大きな可能性を秘めた自分に最大限の時間を掛けるべきではないでしょうか。他人のことをとやかく言うより、実は、自分を磨いていくことに時間を掛けた方が、はるかに効率が良く現実的なのです。
私がときどき、夏は「暑い!」と言うのを止めよう、冬は「寒い!」と言うのを止めようと話しますが、この理屈も同じことで、暑いという現実、寒いという現象は、どう言おうが、変わらないことなのです。「暑い!」と言えば、涼しくなるかと言えば、そんなことはないのです。むしろ、暑いと言った途端、脳が反応して身体中に暑いぞ、と指令を出してしまうので、実際よりも暑く感じてしまいます。それよりも、自分の思考は変えられますので、
「今日は、夏らしくて気持がいい!」と思った方が賢いですね。
また、人間には、怒り、悲しみ、恐れ、嫉妬といった感情があることは変えられないので、このような感情が起ったら、直ぐに脇に置いてしまい、このことに無駄な時間を掛けないことです。特にこのようなマイナスの感情は身体にも大変悪い影響を与えてしまいます。
サンワヒューマンの皆さんは、変えられないことに時間を使わず、変えることのできる自分の思考や行動を高めていきましょう。それは周りとの人間関係を良くしますし、いつも元気で明るく生きられ、人生さえも良い方向に変えてくれると思います。

   山川和邦
by yamakawa-y | 2010-09-05 07:35 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism