サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週の社長からの一言 (2010年4月24日)

 「自室テレビの排除」

もうかれこれ何年になりますか忘れてしまいましたが、自室のテレビを排除しました。私自身がテレビ大好き人間で、当時は、帰宅すれば、まずテレビのスイッチを入れるという感じでした。興味がある番組だと、ついついに見入ってしまいます。
ある時、意外とテレビを見ている時間が、多いのに気が付き、この時間を、何とか少なくして、有効な時間の使い方をしようと思い立ちましたが、そこに大好きなものがあると、心の葛藤をするまでもなく、スイッチを入れてしまいます。何か良い方法はと思っているうちに、要するに、テレビが無ければ、スイッチを入れることもできないのでと、断腸の思いで(それ程でもないですが)自室のテレビを排除しました。効果てき面、その後は、リビングでの食事以外では、ほとんどテレビを見なくなりました。特に苦になることもなく、お陰様で、自宅での仕事が良く捗るようになりました。(そのため、迷惑を受けている社員が居るかも知れませんが)
何か自分の行動習慣を変えようと思うとき、そこには強い意志が必要となります。やはり、何か工夫がないと、簡単にはいきません。もう10年以上前になりますが、大手企業より、一足早く、サンワは一人一台のパソコン体制を導入したときがありました。しかし、年齢の高い人は、パソコンの操作に慣れず、なかなか使おうとしませんでしたが、有給休暇をパソコンからしか申請できないことにしましたら、一度に全員のパソコン操作が上達しました。
仕事でもプライベートでも、良い習慣を身に付けるには根性も必要ですが、知恵を使って無理なくできるように
するのも賢いやり方だと思います。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2010-04-24 17:53 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2010年4月18日)

 「鎖国と開放」

今、中国開封自社工場からこのメールを書いています。
昨日、南京自社工場から開封工場に移動をしてきましたが、その道中の景色を見ながら、中国の発展振りを思うとき、以下のようなことを思ったのです。
サンワの100%出資の自社工場を中国南京に立ち上げたのが1997年1月、第2工場を中国開封市に立ち上げたのが2006年5月になります。
南京工場は、今から丸13年が経ちました。
その間の中国の急速な発展ぶりを私は実像で見てきましたが、何故そんな発展を中国が出来たのかということです。

勿論、領土の広さ、人口などの条件もありますが、一番大きな要素は疑う余地もなく、鄧小平の改革解放政策にあったと思います。
それまでの中国は、日本の江戸時代と同じように鎖国政策を取っていました。そのため、かつての日本がそうであったように諸外国からの情報が入らず、世界から立ち遅れた社会となりました。

今の世界を見廻したときに、この鎖国政策を取っている国は貧困に喘ぎ、外資を受け入れ、しかし主体性は失わず、それを活用している国が栄えています。
北朝鮮の貧困と今の中国の発展がその象徴でしょう。

このことから思うのは、国であれ、会社であれ、そして個人であれ、自己の殻に閉じこもっては、発展は難しいということです。
個人であれば、自分の能力も必要ではありますが、それ以上に、むしろ衆知をしっかり集めることのできる人が発展成長をしていく人だと思います。
衆知を集めるということは、自ら積極的に他人からの意見を集め、素直に耳を傾け、そして、それをそのまま受け入れるということではなく、そこに自からの客観的判断を加えて最終結論に導いていくことだと思います。このようにできれば、余り誤った判断にはならないと思います。
また、衆知を集めるもう一つの大事な手段があります。それは、本を読むことです。
本を読まない人は、私には、鎖国をしている国と一緒に見えます。
愚者は体験に学び、賢者は歴史から学ぶというように、本からは、人生の失敗を未然に防いでくれる素晴らしい先人の教えを学ぶことができます。

鎖国をしているような自分にならず、改革開放精神を持った自分作りが大事と思います。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2010-04-18 08:27

今週の社長からの一言 (2010年4月11日)

 「新入社員の初々しさ」

新入社員6名が外部研修から帰ってきました。私も出張が続き、会うのは4月1日の入社日以来でした。営業本部の朝礼が始まり、司会者の声とともに、「おはようございます!」と挨拶をします。いつも隣にいる金城さんですが、何か心境の変化でもあったのか、随分と丁寧な挨拶をするので、私は感心していました。ところが、ふと隣を見ると、いつも居るはずの金城さんではなく、隣に居たのは新入社員でした。外部研修で学んできた通りに、一所懸命に挨拶をしていたのです。金城さんの弁護のために、一言付け加えておきますと、金城さんは、サンワでも、きれいな挨拶ができるうちの一人です。それだけ、新入社員の挨拶が、素晴らしかったということです。今いる社員も入社の時は、みな同じはずだったのですが、人間慣れると、誰でも真剣さが足りなくなってくるものです。夫婦でも、結婚当初は皆初々しく微笑ましかったのが、10年も経つと、あの初々しさはどこに行ってしまったのかと思います。我が家のように34年も経つと、それはもうご想像にお任せします。
新入社員の皆さんは、今は少しでも多くのことを吸収して先輩達に追いつき、自分を成長させて会社に貢献したいという気持が一杯なのだと思います。この一所懸命さ、初々しさは、人を感動させてくれます。つい忘れがちになっている初心の気持ちを大切にしていきたいと、改めて思い知らされる日でした。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2010-04-11 12:02 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2010年4月4日)

 「現場情報」

先週から「現場情報」を週報に書くように指示をしました。皆さんが、きちっと書いてくれているので、大変役に立ちます。サンワが創業して、現在まで着実に発展してこられたのは、お客様の声を反映してきたからではないかと思います。いつも皆さんに話をしている通り、答えは現場にあると思っています。今サンワが扱っている商品は、実はお客様からヒントを頂いたものばかりです。こんな物はできないのか、こんなことができると嬉しいね、等と言われたことを形にし、今のビジネスになっているものが多いです。
私達は、つい自分サイドから物を見て考えがちですが、相手側から物を見るようにすることで、何をしなくてはいけないのかが見えてきます。あとはいかに素早く動くかです。動きが遅いと後手に廻ってしまい、旨くいくことも、チャンスを逃してしまいます。組織で仕事をしているメリットは、色々の特技を持っている人が沢山いることです。この人達の知恵を借りることで自分では出来ないことが、組織では出来るのです。しかし、そのためには、現場の情報が伝えられていないと、その情報を活かすことが出来ません。
織田信長が今川義元を破った有名な桶狭間の合戦では今川義元本陣がどこに陣取っているのかの情報をいち早く織田信長にもたらした武将が、敵の大将の首を取った武将より手柄を立てたと評価されたのです。
サンワをさらに発展させていくためにも、皆さんからの「現場情報」を毎週楽しみにしています。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2010-04-04 17:13 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism