サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今週の社長からの一言 (2008年10月26日)

「今の姿は仮の姿」

私達は、概して変化を好みません。それは、変わることに不安があるからです。北の僻地に住む人がいます。私から見るともっと温暖で過ごし易いところに移ればよいのにと思うのですが、住み慣れたところがいいようで、なかなか新らしいところへは移動しません。
仕事でも同じように、傍から見るともっと良い方法があるのにと思うのですが、当事者はなかなか昔からのやり方を変えないものです。変化をしないということは、進歩しないとイコールなのです。私達はこのような仕事振りをしていないでしょうか。実は、今ある姿はみな仮の姿であり、これをよりよいものに常に改善し続けることが大切なことなのです。今より、もっと良い方法を追い求める努力をしてみましょう。やってみて駄目だったら、戻ればいいのです。それは失敗ではなく、この方法では駄目だという新しい発見です。私達は、いつも試行錯誤をし続け進歩していきましょう。変わることを恐れず、サンワの挑戦の精神で、今の自分の仕事を見直してみて下さい。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2008-10-26 16:07 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 

「黄河友誼賞、受賞」

中国河南省から黄河友誼賞という賞を頂きました。これは外国人で河南省に特別の功労のあった人を毎年表彰をしている賞とのことです。2000年から始まり、開封市からは私がはじめての受賞という大変名誉のあることでした。また、年一回の開封で一番のイベントであります菊祭りの前夜祭に合わせて、大勢の人の前で、表彰をして頂き恐縮をしました。この賞は、たまたま今回私が表彰して頂きましたが、多くの人の支えがあって、はじめて頂けたもので、実は、サンワグループの社員はじめ日頃お世話になっているお取引先さんを含めた皆さんの代表で頂いたものだと思っています。皆さんと一緒にこの受賞を喜び、今後、この賞に恥じないよう、さらに
河南省開封市のため、また、大きくは中国と日本の友好のためにお役に立つことが私の使命の一つだと思い、精進努力してまいります。どうか、引き続き、皆さんの協力と支援を宜しくお願い致します。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2008-10-19 22:31 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 

 「感謝の心」

佐村河内さんという作曲家がいます。この人は、20代から耳に異常を感じ始め35歳で全聾となってしまいます。しかも激しい偏頭痛に毎日のように見舞われ大変苦しい生活をするのですが、そのハンデの中から、素晴らしい曲を作ります。作曲は通常、楽器で音を確かめながら作っていくそうですが、佐村河内さんは全聾のため、それができなくなった訳です。しかし、子供の頃、母親から特訓を受けたピアノの稽古のお陰で、絶対音感を持つことができ、楽器を鳴らしてみなくても、頭の中で音が分るのだそうです。音の組み合わせ、楽器の組み合わせ、和声和音も全て頭の中で自由自在にできるとのことです。100人のオーケストラを頭の中で鳴らしてみることができるのです。全聾になったがために却って音の感覚が研ぎ澄まされたのではと思います。この人が、次のようなことをお話されています。「深い闇の底をさまよっていたからこそ、小さな光の尊さに気付くことができました」と。
現在は、物質的には、大変恵まれた時代になりました。しかし、私達は恵まれているがゆえに気付くことができないことがあるのだと思います。この恵まれていることが当たり前になってしまい、感謝をする心を失うのです。感謝することができないために、謙虚さもなくしてしまいます。
このような状態が、今日本で起きているのではと危惧します。この素晴らしい日本が物心共に幸せであり続けるために私達は、この恵まれた環境に心から感謝をして毎日を生きていかねばならないと思います。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2008-10-11 18:33 | 社長のつぶやき

今週の社長からの一言 (2008年10月5日)

「ホノルルセンチュリーライド2008」

今回、懇意にさせて頂いているお客様から題名のイベントへの参加お誘いを受けましたので、挑戦の精神でトライしてきました。9月28日(日)、ホノルルで行われました題名の大会は何の大会かと思われる人が多いと思いますが、ホノルル市民マラソンの自転車版なのです。今年は、世界から3千人を越す人が参加をしました。ワイキキ近くの公園をスタートし、100マイル、50マイル、25マイル、20マイルの距離を各自の実力に応じて選択し自転車で走破するレースです。1マイルは約1,6キロですので100マイルと言いますと、160キロの距離になります。
勿論、私は一番短い20マイル(32キロ)を選択しました。

スタート直後は快調で、これなら問題なく完走できそうだという甘い考えが頭の中をよぎります。
しかし、どんなことでも、そんなに甘いものはなく、途中からは想像もしない登り坂になり、前の人からはどんどん距離を離されていくし、とても苦しくて、32キロも走れるのかと、大変不安に思いました。でも、この厳しい登り坂をやっとの思いで頑張ると、次は下り坂が続き、疲れも取れて楽になりました。このような繰り返しを何回かするうちに、もう少し頑張れば楽になれるのだということがわかると、苦しさを、むしろ少し楽しむように感じて走れるようになりました。兎に角、このような訳で、お陰様で見事(?)、完走してきました。

今回の自転車イベントに参加して感じたことは人生での苦労も全く一緒だなと思ったことです。
苦しい登り坂が際限なく続くことはありません。必ず頂上があり、そこからは、幸せな下り坂が続くのです。しかし、また同じように、幸せな下り坂が永遠に続くこともありません。この道理を私達は、しっかりと知る必要があります。そうすれば、今回の自転車レースのように、苦しい時を挫折しないで踏ん張り素晴らしい人生にして、完走することができるのだと思います。

 山川和邦
 
by yamakawa-y | 2008-10-05 14:10 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
最新のコメント
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism