サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:社長のつぶやき( 402 )

5月の標語 「ものづくりを通して、喜びや感動を創造する」

5月の標語は、「ものづくりを通して、喜びや感動を創造する」

です。これは、サンワの新しい「事業ミッション」です。

サンワには、既に様々な経営理念があり、どれも素晴らしい

理念であると思っています。これらの理念は、考え方や

行動規範、未来の理想の姿を書き表したもので、

所謂、社是社訓に値する普遍的な大変大事な理念であります。


しかし一方、今現在の事業を通してどのように貢献していくの

かという事業ミッションなるものができていないことに気付かされ

ました。早速、新しく発足した経営チームメンバーにて、

サンワの事業ミッションを作るべく、何回か打ち合わせを重ねた

結果、やっと、みんなの心に響くものができあがりました。

噛めば噛むほど味が出る、素晴らしい事業ミッションができ

上がったと思っています。これがこの5月の標語にしたものです。


サンワのメインの仕事は、お客様からの要望や願いを形にする

「ものづくり」です。この文言が最初の「ものづくりを通して」となり

ました。そして、「喜びや感動を創造する」という文言になり

ますが、今のものづくりは、昔の生活必需品を作るものづくり

とは、その価値観も大きく変わっています。文化レベルの

発達した現代社会での「ものづくり」は、只単に、生活のために

必要なものを作るという発想ではありません。時計を例に

とってみても、時刻が分かれば良かった時代から、時計は、

アクセサリーになりステータスになりました。このように、

私達のものづくりも、そこに、「喜びや感動を創造する」

価値の高いものづくりである必要があるのです。

この意味から、結びの文言は生まれました。


そして、この喜びや感動は、お客様に味わっていただくだけ

ではなく、私達自身も、このものづくりを通して、喜びや感動

味わえる仕事をしていきたいという思いも込められています。

つまり、私達自身も含め、私達を取巻くすべての人達に

喜びや感動を創造したい。これがこの事業ミッションの意味と

なります。


サンワヒューマンそれぞれが仕事の内容に違いはありますが、

自分の仕事を通して、「喜びや感動を創造する」仕事をして

いくことに違いはありません。これが、私達の「事業ミッション」

です。 


   山川和邦


by yamakawa-y | 2017-05-03 05:48 | 社長のつぶやき

3月の標語 「攻めの仕事をしよう」

スポーツ競技では、攻守のバランスということが

よく言われます。また、確かに野球などを見ても

良いピッチャーが居て守りが強いチームが優勝する

ことが多いです。名選手の人達や競合チームと

言われるところに共通していることは、目立たない
ですが、
意外と守りが強いことです。私も昔、
高校卓球部の指導を
したときにこのことに気付き、
他の学校とは一線を画して
守りの練習に時間を掛け
ました。このことが要因になり、
練習時間の少ない環境
でしたが、2年連続でインターハイの
代表選手を
送り出すことができました。


しかしながらです。こと仕事に関しては、

「攻撃は最大の防御」というこれほど合う言葉は

ないと感じています。勿論、凡ミスばかり起して

いるような仕事レベルなら論外ですが、ミスは起さなく
とも言われたことだけしかしていないよ
うな仕事内容
では、早晩その会社は立ちゆかなくなるでしょう。

営業であれば、攻めの営業展開をしているのか。

営業以外であっても、常に新しい試みにチャレンジして

改善改良を重ねているのか。イノベーションを起して
いるのか。
これらのことが会社存続発展の重要な鍵と
なります。
サンワは、38年間、攻めの仕事を続けて
来ました。
それが今日の存続発展に繋がっています。

3月の標語は、「攻めの仕事をしよう」です。

全社員がこの標語の意味を理解し、実行をお願いします。

2017年度も引続き好業績を維持し、

サンワを存続発展させていきましょう。

 
 山川和邦


by yamakawa-y | 2017-02-28 15:54 | 社長のつぶやき

2月の標語 「大丈夫だろうではなく、念のため」

2月の標語は「大丈夫だろうではなく、念のため」です。

この内容は、仕事の様々な場面で登場して来ます。

手配の時に「多分これで大丈夫だろう」、検品の時に

「この位は大丈夫だろう」、コミュニケーションでも

「相手は分かってくれていて、大丈夫だろう」、と様々な

「大丈夫だろう」がありますが、この事で苦い経験をした人は

多いことと思います。勿論、私もそのうちの一人です。


このことから、今では、標語の通り

「念のため」を大事にしています。

人によっては、しつこいと思われる方もいらっしゃいますが、

それで大きなトラブルを引き起こすよりも遙かにましです。

逆に今では、しつこい位に確認をする人には一目置きます。

安心して仕事を任せることができます。


少しの手間を省略して大きなトラブルの無いようにしましょう。

多少、相手に嫌がられても、念のために確認をしてみましょう。

このことで、どれだけクレームを防ぐことができるか計り知れないと

思います。


 山川和邦


by yamakawa-y | 2017-02-05 15:15 | 社長のつぶやき

1月の標語 「能力よりも勇気」

皆さん、明けまして、おめでとうございます!

さて、1月の標語は、「能力よりも勇気」です。
私達はそれぞれが様々な能力を持っています。
しかしその能力は使わなければ何の結果を生むこともありません。
そして大きな良い結果を生み出すには、
その能力を使う勇気を必要とすることになるのです。

例えば、営業であれば、大きな良い結果を出すためには、
新規顧客の開拓や大口案件あるいは大手を狙わなくてはなりません。
幾ら能力を持っていても、待ちの営業では業績は上がりません。
ここで必要になるのが「勇気」なのです。
新規顧客へ飛び込んでいく勇気、大手顧客へ飛び込んでいく勇気です。
この勇気のあるものが、大きな業績を上げられる営業です。

一方、管理セクションをとっても同じことが言えます。
現状維持では業績は上がって行きません。
そこには、新たな取り組みが必要となります。
この取り組みを実行する勇気が求められるのです。
想っているだけでは何も変化しません。
一歩前へ踏み出す勇気です。
2017年は、この強い勇気を奮い立たせ、
昨年に負けぬ結果を残そうではありませんか。
皆さん、宜しくお願い致します。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2017-01-01 05:39 | 社長のつぶやき

12月の標語 「決算月の行動を」

12月の標語は、「決算月の行動を」です。
サンワは、12月決算になっており、1月~12月で
一つの期になります。2016年のサンワの成績(通信簿)が
12月決算の数字になって表れます。
そして、この数字はサンワの2016年度の会社の通信簿として
各方面に公表されることになります。
通信簿の成績を良い形で終わらせたいために
どこの企業も決算月は特に頑張るのです。
サンワヒューマンの皆さんにお願いしたいことは、
まず各人で立てた目標管理シートを見直して下さい。
まだ、未達になっているものがないか確認をして下さい。
そして、達成させるべく、この12月を踏ん張りましょう。
また、通常の月であれば、問題ないことも決算月には
正しく良い形での処理が必要です。
例えば、在庫金額です。売上高に比して在庫額が多いことは、
企業の評価としてはマイナスとなります。
また不良在庫は本来損失ですから、その処理をしないと、
正しい決算書とはなりません。
不良在庫は徹底して洗い出し処分をするようにして下さい。
また、1月以降に納品するものの仕入を12月に入れると、
余分な在庫を増やすことになります。
また、売掛金も同じです。回収遅れの売掛金が無いか、
再度良く確認をして不良債権が無いようにして下さい。
お陰様で、2016年度は過去最高益を出すことができます。
しかしながら、現在円安が進んでおり、サンワにとっては、
暗雲も立ち込めています。どんなときにもびくともしない
会社にするためにも、しっかりとした決算月の行動をして、
みんなで来期に向かいましょう。以上、宜しくお願い致します。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2016-12-03 17:09 | 社長のつぶやき

今月の標語 「理念に合った言動を」

11月の標語は、「理念に合った言動を」です。
サンワには、幾つかの大事な理念があります。
そしてこの理念を非常に大切にして今日まで経営を続けてきました。
しかし、いつも全社員がこの理念に合った言動が本当にできている
のか、と問われた時に、残念ながらまだイエスと言えないときも
あります。全社員がイエスと答えられるようになってはじめて
サンワの経営が社会から認められ安定したものになることが
できます。ではここで、サンワの大事な理念を上げてみましょう。
経営理念・事業目的・フィロソフィー・使命・
ワークマニュアル15か条・3精神等があります。
サンワの基本はこの理念に集約されています。
再度、理念の大切さをサンワヒューマンは、心に留め全員が
「理念に合った言動」で精進していきましょう。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2016-10-31 17:15 | 社長のつぶやき

2016年10月の標語「成功の秘訣はスピードにあり」

このことは、私自身、仕事をする上で、大変大切にしていたことです。 
中国の兵法書「孫子」には、「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)に
勝る」という格言があります。
拙速とは、つたなくても速いことであり、巧遅とはたくみでも
遅いことです。つまり、仕事で言えば、完璧を期すために
遅くなるよりは、速い方が成功する可能性が高いということです。

このスピードは、サンワが順調にここまで成長を続けて来ることが
できた大きな要因の一つであることは間違いないでしょう。
スピードを優先するために、拙速なところがあり、
失敗もありましたが、それ以上に機を逃さずチャンスを
捉えたことの方が遙かに多くありました。

私達サンワヒューマンは、引続きこのスピード感を大事にして
どんな変化の激しい時代にも生き残っていける会社に、
いやむしろそれをチャンスにしていける会社にしていきましょう。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2016-10-04 08:02 | 社長のつぶやき

2016年8月の標語 「役立つ情報は直ぐに配信」

8月の標語は「役立つ情報は直ぐに配信」です。
毎週末に、皆さんからの週報を読んでいますと、貴重な情報が
散見されますが、残念ながら一部の人に伝わるだけで、
そのまま埋もれてしまっているものも多いようです。
また、週報には記載されていなくとも、日々の仕事の中でも
役に立つ情報が実は数多くあるのだと想像できます。
中には、自分だけでしまっておきたいような情報もあるでしょう。
また、大事な情報ではありますが、公表できないようなものも
あるでしょう。様々な情報がある中、公表できる役立つ情報に
関しては、いち早く、全社員あるいは関係者へ伝達されるように
しなくてはと考えています。この意味から8月は情報の発信を
積極的に行うことを全社員が強く意識してもらいたく思います。
そして、このことがサンワの未来を占う指標とも言えます。
 
 山川和邦
by yamakawa-y | 2016-07-31 17:03 | 社長のつぶやき

2016年7月標語 「残業短縮の具体的実行」

この問題に長年取り組んで来ていますが、
サンワの仕事内容から中々実現ができてきませんでした。

一所懸命に働くことは素晴らしいことで、
サンワの創業以来の確実な成長も社員皆で
頑張って働いてきたことに起因しています。
この残業短縮の問題は諸刃の剣で、大変危険な面も含んでいます。
それは、1980年代から実行された日本のゆとり教育に
見ることができます。この教育方針のために、それまで世界で
トップクラスの学業成績であった日本が文明国中で最下位の方まで
落ちてしまったのです。この事実を受けて見直しが図られ、
やっと成績も戻り始めているようです。
良く勉強する子供の成績が良いように、仕事も同じで、
よく働く会社や国の成績が良いのは、古今東西変わりのない真理です。

私達は、このことをしっかりと理解をした上で、この問題に
取り組まないと、とんでもない結果になりかねないのです。
しかし、全社員が理解の上で、取り組むことが出来るのならば、
理想の形の働き方を実現できるものと私は信じています。
早速、今月より具体的実行に向けて行動していきます。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2016-07-02 15:43 | 社長のつぶやき

2016年6月標語 「頭の良さより、心の態度」

頭の良さは、その多くは天性によるところが大きいと思います。
例えれば、足の速さと同じで、速く走れる人は生まれつき速いですね。
100mを20秒掛かる人、15秒の人、12秒で走れる人と
様々です。それは、その人の特徴であって、12秒で走れる人の方が、
20秒でしか走れない人より立派な人であるということではないです。

頭の良さも同じように、頭が良いから立派であるとは言えませし、
頭が良いと言っても、色々な頭の良さがあります。
通常は記憶力が良いとか、計算が得意とかですが、
私達が関わる仕事では、むしろそれ以外のことの方が
重要ではないでしょうか。

では、私達が立派で尊敬できると思える人、あるいは仕事ができる
人とは、どんな人でしょう。私は次のような人ではないかと思います。
それは、遊びの誘惑に負けず一所懸命に仕事に努力を継続できる人、
他人に対する思いやりのできる人、他責ではなく自責で考えられる人、
嘘のない誠実な人、利己ではなく利他を大事にできる人、
笑顔を心掛け明るい人、協調性のある人、元気のある人、
等々、このような人だと思うのです。
つまり、今月の標語の通り、「頭の良さではなく、心の態度」の
立派な人です。

いくら頭が良くても、意地が悪く、怠け者で、平気で嘘をつき、
自己中心的で、協調性がなく、暗い人は、評価できませんね。

生まれつきのものは、変えようがありませんが、
心の態度は、その人の意志で変えることができるものです。
6月は心の態度を立派にすることを皆で心掛けようではありませんか。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2016-06-01 10:22 | 社長のつぶやき



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
最新のコメント
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism