サンワ社長 山川和邦のブログ

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:未分類( 37 )

今週の一言 (2014年8月31日)

「物は全て変化している。一瞬たりとも止まってはいない」

題名の通り、私達の目視では感じられない物もありますが、
全ての物が必ず変化をしています。
地震の発生や火山の噴火など、そのために起るのです。
私達自身も様々な面で変化をし続けています。
私の頭髪などは変化のしすぎで、見るも無惨になりました。

仕事もそうです。お客様はじめ取引先も変化していれば、
商品の変化も大きいです。仕事のための道具も革命的な変化が
起こりました。パソコンという道具ができ仕事のやり方までが
大きく変りました。この間違いなく起り続ける変化があるから
こそ、大変でもありますが、チャンスも生まれるのです。

そしてこの変化は、一所懸命に努力をしているところには、
その努力以上の成果をもたらしてくれるのです。だから今、
例え恵まれていなくとも、嘆くことはありません。
じっと耐えることです。状況は必ず変化してくるのです。

私達サンワヒューマンは、いつも真摯に正しい努力をし続け、
巡り来る幸運の女神を必ずや勝ち取ろうではありませんか。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-08-31 17:20

今週の一言 (2014年4月27日)


 「どちらが先か」

トヨタの生産方式については、皆さん聞いたことがあると思います。
ジャストインタイムとかカンバン方式と言われるものです。
この生産方式でトヨタは今や世界一の自動車メーカーとなりました。
この生産方式は秘密になっている訳ではなく、
公開されていますので、他の工場でも真似ができます。

しかし、この方式を勉強して導入する工場が上手く行くかというと、
その多くが失敗をしてしまうのです。何故でしょうか。
方式は真似できても、それを実行する従業員が違うのです。
正しく行動できる従業員が揃って居てはじめて成り立つことで、
正しい行動のできない人が一人でも居れば、上手くいかないのです。

つまり、どんなに優れた方式や戦略があろうとも、
それを実行できる人間が育っていなければ、
何の役にも立たないということです。
そうであるならば、まず私達がしなくてはならないことは、
正しい基本動作ができる人間になることです。

サンワの経営理念、サンワの使命、行動指針10ヶ条、躾8ヶ条、
ワークマニュアル15ヶ条は、皆このために作られたものです。
サンワ丸が更なる進歩発展をしていくために、
全社員がまず基本行動を徹底して身に付けましょう!

 山川和邦
by yamakawa-y | 2014-04-27 17:48

今週の一言 (2013年9月22日)

 「道具を有効に使う」

道具という言葉を聞いて、私が最初に想像するのは、
大工道具です。私の祖父は大変器用で、大工仕事は
ほとんど自分でやってしまうような人でした。
道具箱は綺麗に整理整頓され、よく手入れされた
大工道具が入っていたのを今も覚えています。

さて、現在の私達の道具と言えば何でしょう。
まず筆頭に挙げられるのはパソコンでしょう。
続いてアイフォン、アイパッドがくるのでしょうか。
そのあとには、文房具、コピー機、掃除機など様々あります。

では、これらの道具をどれだけ有効に使いこなしているでしょう。
同じ道具を使いながら、人により大きな差があるようです。
仕事ができる人に総じて言えるのは、これらの道具の使い方が
非常に上手です。有効に使い、効率のよい仕事の仕方をします。
また、会社でも業績の良い会社は、この道具を有効活用し、
IT化、システム化などを先んじて進めているところが多いです。

サンワが今後更に成長発展していくためには、サンワヒューマン
一人一人がこのことをしっかりと理解して欲しいと思います。
そしてまた、この道具に力を発揮してもらうためには、
手入れがとても大事な要素となります。中には粗末に扱っている人が
居りますが、厳に慎みたいことです。
道具は大事に扱ってあげると、本当に良く働いてくれるのです。

さらに、私達が気付いていない最も大事な道具が
実はあると思っています。それは、自分の脳や身体です。
脳や身体は自分自身の一部で道具ではないと思っている人も
多いでしょうが、実は道具と同じと私は思っています。

では、自分の本体は何なのでしょう。それは魂です。
この魂の話は、長くなりますので、後日に送るとして、
私達の脳や身体は、大変優秀な道具です。そのため、
この道具の使い方次第では信じられないような素晴らしい成果を
上げることができるのです。しかしながら残念なことに、
この道具を粗末に扱っている人が、とても多いと感じるのです。

サンワヒューマンは、宝の持ち腐れとならぬよう、
この大事な脳と身体を立派に有効活用して行こうではありませんか。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2013-09-22 08:26

今週の一言 (2012年12月23日)

 「世の成功者を分析すると、性格はみな違っている。しかし・・・・」

題名の通り、成功者を分析してみると予想に反し、
その性格はみな違っていたそうです。しかしです、
その行動特性は大変似ていたということです。
ここに私達が成功者になるための大きなヒントがあると思います。
では、どのような行動特性があるか見てみましょう。

的確な状況判断ができる。感情抑制ができる。
ストレス耐性が強い。
環境変化への柔軟な対応力がある。対人適応性が高い。
成功失敗を見通す能力がある。計画性がある。

以上に加え、朝型である、気持ちの良い挨拶ができる、思いやりがあり誠実である。
などがあります。

一方、失敗者の特性では、これら成功者特性の真逆になるのですが、
「人が得するのを嫌がる」というものもありました。

よく参考にして、成功者の行動特性を発揮できるよう、
自分自身を磨いていきましょう。

  山川和邦
by yamakawa-y | 2012-12-23 14:09

今週の一言 (2012年11月25日)

 「戦の勝敗は、その兵器の優劣によるところが大きい。
  しかし・・・」

長篠の戦いでは、織田徳川連合軍と武田軍が戦いましたが、
鉄砲3千丁を揃えた織田軍が当時最強と言われた武田騎馬隊を
破って勝利し、織田信長が天下を取ることになります。
また、アメリカでは南北戦争でスペンサー連発銃を使用した
北軍が勝利しています。最近ではイラク戦争をみれば分かるように
その兵器の差が圧倒的な勝敗の差となっています。

そうであるならば、私達もより優れた兵器を使わなくてはいけません。
サンワの兵器とは何があるのでしょうか。
商品力、豊富な扱い品目、海外調達による価格、
中国自社工場の小ロット・オーダーメイド生産、
生産から物流までの一貫体制、
信用力などが上げられるかも知れません。
これらの兵器を更に磨いていくことの重要さと同時に、
実はさらに大切なものがあります。
それは「人」です。

この兵器を開発するのも人であれば、扱うのも人です。
どんなに良い兵器を持たせても扱い方が下手では「猫に小判」に
なってしまいかねませんし、いつまでも同じ兵器であれば
時代遅れになってしまいます。

ここに今期の基本戦略の「人を中心に考える経営」があるのです。
実は人こそが最強の兵器と言えます。
サンワヒューマンは自分磨きの大切さを理解し、
何よりも優先して自分磨きにお金と時間を掛けて下さい。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2012-11-25 21:20

今週の一言 (2012年6月24日)

「いま現在に最善を尽くすこと」

松下幸之助さんが次のように話されています。
「どんなに悔いたところで、過去は変わらない。
どれほど心配したところで、未来もまたどうなるものでもない。
私たちにできることは、いま現在に最善を尽くすことである。
今日一日に最善を尽くせば、過去は今日のためのよき教師となり、
未来は今日を生きるための希望となって行く道を照らしてくれる。」

素晴らしい内容ですね。人間あれこれ悩むものですが、
結局のところは、いま現在に最善を尽くすことに尽きると思います。
このことこそが、未来の自分の行く末を作り、悩みも解消することになります。

サンワヒューマンは、是非このような生き方をしてもらいたいと思います。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2012-06-24 22:52

今週の一言(2012年4月15日)

 「ご飯と饅頭」

サンワには中国の南京と開封に自社工場がありますが、
実はこの南京と開封では主食が異なります。
南京はご飯、開封では饅頭(マントウ)です。
マントウは肉まんの中味が入っていないものと思って下さい。
中国工場は食事付きですので、南京工場では毎食主食にご飯が出され、
開封工場ではマントウが出されます。
これは米が取れる地域と麦が取れる地域の差によるものですが、
面白いと思うのは、子供の頃からご飯で育った南京の人は、
ご飯が好きになり、マントウで育った開封の人はマントウが好きになります。
よく言う「おふくろの味」ですね。

子供の頃からの習慣が食の好みも変えてしまうということです。
これは一方で恐ろしい側面を持っていることでもあると思います。
いくらご飯が美味しいと他人が言っても、開封育ちの人にとっては
マントウがいいのと同じように、仕事も良い習慣をしっかりと継続して
身につけていかないと、このやり方が一番いいのだと何回教えても、
相当意思を強く持たない限り、自己流の習慣が直らないのです。

新入社員の皆さんは、今の新人研修を素直に受け入れ、
一生使える良い仕事の習慣を身につけてしまいましょう。

 
 山川和邦
by yamakawa-y | 2012-04-15 11:32

今週の社長からの一言 (2011年10月15日)

 「良い考え方とは」

仕事の成果、人生の結果は、能力×熱意×健康×考え方であると
9月11日の「今週の社長からの一言」で述べましたが、
今回はこのうちの考え方について考察してみたいと思います。
考え方が大事だということは、誰でも理解はできると思います。
では、具体的にはどのような考え方をしたら良いのか。
下記に思い当たる単語を書き記しましたので、参考にして実行して下さい。

良い考え方:前向き、建設的、協調性、
明るい、肯定的、善意、
思いやり、優しい、真面目、
正直、謙虚、努力家、
利他心、知足、感謝、

悪い考え方:後向き、否定的、非協調性、
暗い、悪意、意地悪、
他人を陥れる、不真面目、
嘘つき、傲慢、怠け者、
利己的、強欲、不平不満、
恨む、妬む、

以上です。 


山川和邦
by yamakawa-y | 2011-10-15 17:42

今週の社長からの一言 (2011年7月17日)

 「最近の猫は鼠を捕らない」

2日前に聞いた話ですが、日本の最近の猫は、
ペットフードを与えられ、甘やかされて育てられているため、
鼠を捕らなくなっているそうです。
逆に、鼠に脅かされている猫もいるとのことです。

私が小さい頃には、我が家にも猫がいましたが、
鼠を捕まえていましたし、捕った鼠を子供に与え、
鼠捕りの教育をしていたように思います。

今の猫が鼠を捕らなくなったのは、餌が充分にある
ということもあるでしょうが、親が鼠の捕り方を
しっかりと教えていないということもあるのではと思います。

この話は、良く考えてみると、なにやら猫だけの話ではなさそうです。
今の日本の世相にぴったりではないでしょうか。
食べるものに苦労なく甘く育てられた若者が、大変心配です。
しっかりと教育ができない親や教師にも大きな問題があるように感じます。

幸いにサンワに入社してくる新卒社員にはこのようなことはなく、
大変有難いことですが、日本全体を見たときには、残念ながら
危惧をするところであります。

東日本大震災を機に、日本人全員がしっかりと目を覚ますときだと考えます。

 山川和邦
by yamakawa-y | 2011-07-17 15:49

今週の社長からの一言(2011年6月4日)

 「バッグの寄贈か社員にお金か」

現在中国出張中ですが、南京工場、開封工場、から近隣の小学校へバッグの寄贈をさせてもらいました。
南京工場では6年程前から始め、今もなお毎年欠かさずに続けています。開封工場も開設5周年を機に、今年から始めることに致しました。
式典当日は、テレビカメラも入り、夕方のニュースでは式典の様子が放映されました。私としては、日本企業が中国の小学校にバッグを寄贈していることが放映され、多少とも日中友好に役に立てばと思っていますし、また南京工場の社員も、この行為を非常に自分達の誇りに思ってくれています。
しかし、今年初めての開封工場では、僅か一部の社員ではありますが、バッグを寄贈する位なら、その分のお金を自分達にくれた方がいい、と話していた人が居たそうです。

大変残念に思い、次の日の朝礼で、私は皆さんに話をしました。
そういう気持ちは理解できないこともないけれど、と言って天国と地獄の話をしました。

大きな鍋においしそうなうどんができ上がりました。
お腹を空かして取巻いている人達に1mの長い箸が渡されます。
そして、皆さんどうぞお召し上がり下さい。と号令がかかりました。
地獄の世界を覗いてみますと、皆が我先に食べようと凄い形相で、うどんを食べようとしますが、箸が長すぎて上手く食べられません。前の人が口に入れようとするとそれを長い箸でたたき落として食べさせないようにするという有様です。
このような酷い状態で、結局、うどんは、みんな鍋から地面に落ちてしまい、誰も食べられないのです。

一方、天国ではどうかと言いますと、号令がかかりますと、前の人にあなたからお先にどうぞと言って、長い箸でうどんを掴んで食べさせてあげるのです。今度は食べ終わった相手があなたも
どうぞと言って同じように食べさせてあげるのです。
長い箸が丁度相手に食べさせてあげるのにいいのです。
そして、皆んながおいしく頂き満腹になることができました。
これが天国の世界と地獄の世界との違いです。

バッグの寄贈をするよりまず自分にお金をという考えを皆んなが持つと地獄の世界になってしまいます。

サンワヒューマンは、あなたからどうぞという天国の世界の人になりましょう。そうすることで、自分も含めて皆んなが一緒に幸せになることができるからです。 

  山川和邦
by yamakawa-y | 2011-06-04 21:05



私が社員に向けて発信している「今月の標語」を掲載しています。 何かお役に立つことがあれば幸甚です。
by yamakawa-y
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
フォロー中のブログ
最新のコメント
サンワの使命
私達は、仕事を通して社会を良くしていくことを使命とします。
他の模範となり、尊敬されるような仕事ぶりや行動を取ります。
私達と接触するあらゆる人や物に良い影響を与え、私達の周りから
徐々に社会が良い方向に発展していくよう努力します。
これが私達の使命です。
この使命を果たす為、私達は一所懸命に働き正々堂々と利益を出し
サンワを存続させていきます。
社会により多くの貢献をするためにも発展していきます。
私達は卑怯な振舞いは致しません。
私達は嘘もつきません。
礼節を重んじ、謙虚さを忘れず、思いやりの心を持ちます。
しかし、悪には敢然と立ち向かう勇気も持ちます。
私達は社会を良くするという使命を果たす為に、一所懸命に誇りを
持って働きます。
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism